事業資金調達に便利なビジネスローンとは

運転資金や設備投資など、急なお金が必要になっても手元にいつもおかねがあるとは限りません。銀行から融資を受けられればいいのですが、公的融資は思いのほか時間がかかります。銀行は審査がとても厳しく簡単には貸して貰えません。では、どうしたらよいのでしょう。それは、ビジネスローンと言うものです。銀行以外にもビジネスローンを扱っているところがあります。審査が厳しい銀行とは違い、無担保、保証人無しで借り入れ可能です。ただ、公的融資や銀行からの融資に比べ金利が高いのがデメリットといえます。ビジネスローンとは、中小企業や個人事業者むけのローンです。このローンはノンバンクとも呼ばれます。

ビジネスローンは対応が早く、銀行に比べて審査が甘い、無担保、保証人無しで借りられます。現在銀行以外の融資は、総量規制の対象となっているので個人が借りられる金額の上限が年収の3分の1までです。事業資金の利用が目的で、確定申告や事業計画書を提出できる場合総量規制の対象外となります。次に選び方、チェックするポイントについて、金利についていうと必要な額と適用金利を照らし合わせてみる。限度額、必要な額を満たしているか。法人の場合は代表者に連帯保証人をもとめられることがあります。不動産担保ローンか無担保ローンなのか確かめる。振り込み融資サービスがあるか、銀行やコンビニエンスストアのATMを使えるかなどがあります。ビジネスローンの審査で100%融資を勝ち取るコツはいくつかあります。例えば、ビジネスローンの審査で重視されるのは業歴です。次に、事業計画や資金計画を100%準備する。保証人を頼んで融資の可決率をあげる。業歴というのは、何年経営を行っているのか、経営を長くやっていれば安定した企業と見なされます。銀行の場合は、2年以上の業歴を求められます。ですが、ビジネスを専門としている金融業者は業歴が1年以上でも可能になるケースが多いです。

Scroll to top